<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 詩:「相談」 | main | 節目の鮮やかさ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |

詩:「平等」


国民は皆 法の下に平等であるなんて

いつかの公民でならったけど

経験してきたのは

理不尽なことばっかり




幸せと不幸せは

同じようにやってくるものだって

いつか自分にも光が差すだなんて

でも 待ってるだけじゃ始まらないって

だからまず行動してみようって




だけど それを繰り返しても

ほとんど何も変わらない

自分を誰かと比べて

足りないものばかりなことを嘆いて

羨んで 時には憎んで







そうして憂いてばかりいたら

あっという間に歳をとった







誰とも差が開くこともなく

かといって 縮むわけでもなく



| 「詩」のCapsule | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) | |

スポンサーサイト

| - | 00:13 | - | - | |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://osunonatsu.jugem.jp/trackback/296

Trackback

Selected Entries

Recent Comment

Links

Profile

Others

ご来場ありがとうございます。

青山のお天気コーナー

青山のゲームコーナー

東京マグニチュード8.0主題歌

槇原敬之:君の後ろ姿

Mobile

qrcode